アルテック株式会社 サイト内検索
電話でのお問い合せはこちら:03-5542-6753 濾過機(ろ過機)、濾過装置(ろ過装置)、オートストレーナならお任せ下さい。
会社案内 品質認証 記事・論文 砂ろ過・ストレーナとの比較 よくあるご質問 お問い合わせ

製品メニュー
製品案内
装置の基本原理・特長
ろ過についての考え方
設置事例
よくあるご質問
お問い合わせ

水圧制御式自動洗浄モデル

電力一切不要でろ過と自動洗浄を行う
ベストセラーモデル。M100型

電動式自動洗浄モデル

少排水で様々な要求仕様に対応。自動洗浄
式ろ過装置の最先端。S型・E型・ME型・A型

スレッド式モデル

浄水場のクリプトスポリジウム対策、最終
排水処理、UF/RO膜前処理に最適。スレッド型

amiad
FILTOMAT
 

MCFM型の特長

洗浄機構

原水は(1)入口から(2)コーズスクリーンを通って円筒状の(3)ファインスクリーンへと流入し、ファインスクリーン内側から外側へ移動する段階でろ過され、(4)出口へと流れます。
洗浄モードは原水濃度/アプリケーションにより、常時洗浄モード、または差圧/タイマー併用の間欠洗浄モードなどが選択できます。常時洗浄モードでは(5)ドレンバルブは常に開放されており、間欠洗浄モードでは洗浄信号が入るたびに開放されます。ドレンバルブの開放により、(7)水圧モーター室(ドレンチャンバー)内の圧力は急降下し、水圧モーター室内とドレン流路で通じている各(8)ノズルの先端部周辺に強力な吸引流が発生、ファインスクリーンに積層したSSを(9)ダートコレクター経由でドレンバルブから配管外へ勢いよく放出します。また、吸引洗浄に加えて(10)ブースターポンプから高圧にしたろ過水、または清水をダートコレクター内部にある(11)高圧洗浄水配管を経由して吸引ノズル上部の(12)スプレーノズルへ供給することにより、スクリーン外面をジェット洗浄します。この吸引流とジェット流のダブルアクションにより、ファインスクリーン内外両面を高濃度原水でも効果的に洗浄します。ダートコレクターは(13)ギヤモーターにより電気的に回転し、同時に(14)空圧ピストンにより前後ストローク運動を行い、吸引・ジェット・螺旋回転によりスクリーン全面の洗浄を行います。

型式別仕様表

基本仕様

型式 MCFM304P MCFM304SP MCFM304LP MCFM304XLP MCFM306XLP
最大流量 (m3/時) ※1※2 80 120 120 120 250
ろ過面積 (cm2 950 2,680 4,785 7,273 7,273
必要最低圧力 (MPa) 0.2
最大耐圧 (MPa) 1
接続配管径(インチ) 4 4 4 4 6
最大水温 (℃) 65
平均空重量 (kg) 215 240 305 300 320
平均運転重量 (kg) 275 410 550 550 570
主電源 3相220, 440V 50/60Hz
制御電源 DC24, AC100/200V
最大洗浄ポンプ出力( Kw)※3 4 4 5.5 7.5 7.5
モーター出力 (kW) 0.75 0.75 0.75 0.75 0.75
洗浄仕様
ドレン配管径 (インチ) 2x2 2x2 2x2 2x2 2x2
洗浄時間 (秒/回) 20
洗浄排水量(リットル/回) 150〜250
洗浄流量 (m3/時) ※4 45
連続洗浄排水 (m3/時) 3〜7 10〜20 10〜20 15〜25 15〜25
洗浄起動方式 差圧0.05MPa、タイマー、または連続で起動
スクリーン目幅 25, 30, 40, 50, 80, 100, 130, 200, 400, 800〜3,500ミクロン
寸法図(PDFファイル) PDFファイル PDFファイル PDFファイル PDFファイル PDFファイル

※1最大流量は100ミクロン以上のスクリーンに清水を通水した流量です。
※2適正流量はスクリーン目幅および原水水質により異なりますので、最終機種選定は弊社にて行います。
※3洗浄用水の供給圧力により、洗浄ポンプの出力は変わります。また、供給水源はろ過水・外部清水の選択ができます。
※4洗浄流量は原水送水ポンプ選定の際に参照する数値であり、実際に洗浄排水としてドレンされる量ではありません。
※5上記以外の機種・仕様(高温)もございますので、別途お問い合わせ願います。

フィルトマット スクリーン目幅簡易換算表(ミリ⇔ミクロン⇔メッシュ)

フィルトマット スクリーン目幅簡易換算表

戻る

サイトマップ プライバシーポリシー 濾過(ろ過) 濾過装置(ろ過装置) 砂濾過(砂ろ過) ストレーナ
Copyright(C) ALTECH Co.,Ltd. All rights reserved.
ページの先頭へ 分解図の拡大表示 MCFM型動作説明ビデオ